入れ歯のことなら
ドクターメール相談

試せる入れ歯を使って、あなたに最適な入れ歯をお作りいたします。

院長より自由診療とは医院紹介料金予約・地図
当医院は自由診療専門です。
各種保険は取り扱っておりません。ご了承下さい。
初診料(税抜き)10,000円(一時間)
 
カウンセリングのみ(税抜き)5,000円(30分)
診療時間
 
月~火
木~日
9:30~
18:30
×
マップ

大きな地図で見る

【プライベート歯科 横濱】
〒231-0023
神奈川県 横浜市
中区山下町73
アクティ横浜山下町103-6
最寄り駅:みなとみらい線
日本大通り駅 徒歩3分
>>アクセスはこちら

県民ホール、山下公園
すぐそこ

TEL/FAX:045-663-3724
E-mail:
info@private-dental.com

LINK
区切り線
 
区切り線
区切り線
プライバシーポリシー
 
プライベート歯科横濱 ブログ

 

サービス

  1. トップページ
  2. 入れ歯・義歯
ピッタリ合うにはワケがある。

入れ歯・義歯

歯が抜けたらまずは入れ歯を考えてください

当医院では失われた歯には、インプラントや、健康な歯を削るブリッジよりも、まず入れ歯をおすすめしています。入れ歯を入れることにより、本当はブリッジがいいのか、さらにインプラントにするべきなのかが、よりはっきりとわかります。

インプラントは一度しかチャンスがない場合もありますので、歯を削ったり、骨に穴を開ける前に慎重に選ばなくてはなりません。当医院では、口の中がどういう状態であれ、まったく歯に手を加えずに入れ歯を作ることも可能です。


 

入れ歯は試しにいろいろ作り、一番気に入ったものを選ぶ

健康保険で入れ歯を作った場合は、既成のパターン化された種類しかないことと、採算の問題で使える材料や調整時間が限られています。そのため素材や設計、調整など、患者さんの希望に合わせて、あらゆる可能性を試してみることはできません。

当医院では、特に初めて入れ歯になる患者さんの場合に、材料、設計、歯並びなど、色々なパターンで実際に試してみることをおすすめしています。そのため治療計画によっては多い人で、3つから4つ入れ歯を作り替えます(これを『試せる入れ歯』といいます)。

作り替えないまでも、修正や改造を加える場合がほとんどです。よりその患者さんの好みに合うようにいろいろなご提案をするようにしております。

上あごの部分のない入れ歯を作るためにどこを工夫すればいいのか?
裏打ちは硬いものよりも軟らかい材料の方が良いのか?
かむことより見た目を重視するのかどうか? など、
患者さんの希望をしっかりと聞いて、それに合わせてきめ細かく作りあげていきます。

その際、希望通りにすると、どこかに満たされない部分が出てくる場合があります。これを患者さんに理解してもらい、どこに最大の利点をおいて、そのシワ寄せをどう改善していくのかを相談して決めていく必要があります。

ある一定の期間いろいろ試してみること、これが『試せる入れ歯』のメリットなのです。
当医院では、『試せる入れ歯』を最終義歯として使用しておられる方も少なからずおられます。


 

見た目の良い入れ歯にしたい

患者さんにとって入れ歯の「見た目の良さ」は「良くかめる」のと同じくらい重要なことです。

自由に簡単に歯並びを変えられるのは、入れ歯だからこそできることです。見た目の自然な美しい歯は、他人に清潔感や好印象を与えます。

見た目の美しさ(審美性)に期待を持つ患者さんは、老若男女関係ありません。見た目に関する満足度が高いと、その後使っていただくときの愛着度が違ってきます。長く使っていただくなら、なおさら自分の気に入るような見た目を追求してみてはどうかと思います。

口元に金属が見えないようにするためには(いわゆるバネのない入れ歯にするためには)、ディアレストの様に、残っている歯の形態をうまく利用するタイプと、コーヌス義歯のように残っている歯に何らかの細工をするタイプといろいろあります。

設計、使用する材料の組み合わせは、患者さんの希望、特長によりそれぞれ変わってきますので、材料を吟味(ぎんみ)し、よく話し合って決めることが大切です。


 

同じ自由診療で入れ歯を作るなら、入れ歯専門歯科医院が良い理由

私は入れ歯治療で歯科医師が心がけないといけないことは、患者さんの言うことに耳を傾けて、一人ひとりに合ったものを丁寧に調整していくことだと思っています。

「これで治るはず。」「これで良いはず。」「これで問題ないはず。」と私自身が自分の治療を自画自賛し、おごってしまえば、きっと治せるはずの患者さんでも治らないケースがでてくるでしょう。

入れ歯の治療における歯科医師の役目は、患者さんの治療意欲を最大限に高め引き出すことなのです。つまり大切なことは患者さんに対するコミュニケーションとコーチングなのです。

そのため自由診療で作る入れ歯と言っても、どこで作っても同じという訳ではないと思います。

入れ歯そのものの設計、素材は同じものであっても、歯科医師の調整、指導方法を含めてのコーチングによってその後の経過は大きく変わる可能性があります。

また、私がはじめからインプラントも入れ歯も扱う歯科医師だったらどうでしょう。
「入れ歯がだめだったらインプラントにすればいい」という気持ちが生まれてこないとも限りません。

私が入れ歯専門としているのは、そのような一切の逃げ道を作らないようにするためでもあります。
何が何でも入れ歯で成功させるという意気込みの表れなのです。
そこから新たな工夫や技術も生まれてきます。そして治療も矛盾のないものになるでしょう。

誤解のないように付け加えておきます。私は決してインプラント治療を否定しているわけではありません。ケースによってはむしろインプラントしかない場合もあります。

しかし、今のところ、体の中と外を金属のボルトでつなぐことは、感染症学的安全性に議論の余地があるので、安易にインプラントはおすすめしておりません。

 

ピッタリ合うにはワケがある。