入れ歯のことなら
ドクターメール相談

入れ歯と自由診療

院長より自由診療とは医院紹介料金予約・地図
プライベートな空間、プライベートな診察時間 あなた一人のオーダーメイドな歯科医院。個室でゆっくり、丁寧に。
当医院は自由診療専門です。
各種保険は取り扱っておりません。ご了承下さい。
初診料(税抜き)10,000円(一時間)
 
カウンセリングのみ(税抜き)5,000円(30分)
診療時間
 
月~火
木~日
9:30~
18:30
×
マップ

大きな地図で見る

【プライベート歯科 横濱】
〒231-0023
神奈川県 横浜市
中区山下町73
アクティ横浜山下町103-6
最寄り駅:みなとみらい線
日本大通り駅 徒歩3分
>>アクセスはこちら

県民ホール、山下公園
すぐそこ

TEL/FAX:045-663-3724
E-mail:
info@private-dental.com

LINK
区切り線
 
区切り線
区切り線
プライバシーポリシー
 
プライベート歯科横濱 ブログ

 

より詳しく知りたい方は入れ歯専門ページもございます。画像をクリックしてください。

ピッタリ合うにはワケがある。

患者さんの質問にきちんと答えを出します。

 毎日の診療で投げかけられる、患者さんからの疑問や質問はシンプルですがとても難しいものばかりです。その一つ一つにわかりやすく答えていくことが治療への信頼度を高めていくと日々感じております。

 例えば、『どれくらい歯ブラシをすれば歯周病が治りますか?』という質問に対して、一体どのくらいの歯科医師がきちんと患者さんに説明ができているでしょうか?

 「歯周病というのは歯周病菌が原因です。歯と歯の間、歯周ポケットに隠れています。またバイオフィルムというバリアを作っているためそういうところをきちんと磨かないと治らないのです。朝昼晩、食後にきちんと歯ブラシをしてください。」という具合に多くは答えているのではないでしょうか?
 しかし、私からしたらこれでは0点です。

 なぜなら、これでは患者さん自身の質問にはまったく答えていないからです。
 『どのくらいで治るのか?』と聞かれているわけですから、その人が治るプランを具体的に示さないと答えになっていないと思うのです。患者さんは一般論を聞きたいわけではないはずです。
 

 私だったら、「歯ブラシで口の中の菌の数をまず半分以下にしてください。そうすれば治ります。」と答えるでしょう。ごちゃごちゃ余計なことは言わず、まず菌の数を減らすことに意識を持ってもらう。それだけでいいのです。そしてある程度結果を出してから、詳しくメカニズムを話せばいいのです。

 「1日1回きちんと磨けば目標は達成できますよ。」と私はお伝えしています。
 『本当にそんなシンプルな方法で治るのですか?』とはじめは疑っている方でも、結果を出せば患者さんは驚きをもって信じてくれます。そのような方は今までにたくさんいらっしゃいます。

 歯科医師のあいまいな説明のため、患者さんはどこに行っても、もやもやした感じが残り、医療とはなんとぼんやりとした難しいものなのかとあきらめてしまう人が多いです。私はそういった患者さんの質問に的確に答えるよう努めています。

 そしてその説明の繰り返しと結果を出すことによって、患者さん自身の中に、「歯科医療に対する“納得感”」が自然と積み重なっていきます。そして、この『納得感』が間違いないものになると、徐々に私への信頼が生まれてきます。

 


ひとりひとりに最適な治療をご提案します。

院長紹介院長
平成  7年 広島大学歯学部卒業 平成 18年 11月 プライベート歯科横濱 開院
平成 10年 同上大学院単位修得卒業
博士(歯学)
平成 21年 4月 神奈川歯科大学 非常勤講師
平成 10年 文部教官広島大学助手
(口腔解剖学第二講座)
平成 25年 4月 県立よこはま看護専門学校 
非常勤講師
平成 13年 医療法人 前谷歯科医院勤務 平成 25年 4月 県立衛生看護専門学校 非常勤講師
平成 15年 (株)大阪歯科センター 取締役就任
みやの歯科医院 院長
平成 26年 1月 神奈川歯科大学 特任講師

【神経を取らない治療】はじめました

 虫歯が深く、神経にまで到達している場合には、たいてい痛みも強く出てくるため、まず間違いなく「神経を取りましょう」と歯医者さんで言われると思います。しかし実は、【神経を取らない治療】というものがあります。

 【神経を取らない治療】は治療期間が短く、費用も抑えられ、歯へのダメージも最小限に抑えられるなど、患者さんにとっては良いことずくめの治療と言えます。

 ただ、歯医者さんにとってはこの【神経を取らない治療】はデメリットだらけで、まず保険診療で積極的に行う先生はほとんどいないと思います。その大きな理由の一つに成功率が低いことが挙げられます。

  ところがこのたび当医院では、あえてその治療を積極的に推し進めることにしました。それは成功率が飛躍的に上がったからです。

 私としては、この治療のポイントは2つだと思っています。「虫歯をきれいに取り除くこと」と「神経が露出した所に確実に蓋をすること」です。これができれば治ります。

 聞く人が聞けばそれは当たり前。それができないからみんな困っているのです。と怒られるかもしれません。しかし、どうやらそれができているのではないかと思っています。

 【神経を取らない治療】で重要なことは、蓋に何を使えばいいのかということです。ここが今まで誰も答えを出すことができなかったのですが、私の歯の主治医のN先生に教えていただきました。N先生にもっとこの方法を広めたらいいのに・・・と申し上げたのですが、そんな大々的に宣伝してまでやらないようでした。そこで先生の許可を取り、当医院でもこの【神経を取らない治療】を始めることにしました。

 【神経を取らない治療】のカギは蓋です。この蓋になる材料を変えたことにより、その治療成績が劇的に向上しました。今日まで1年くらいで、神経が露出して(出血して)治癒したものは10症例あります。症例数としてはまだ不十分ですが、成功率は100%です。神経を取る治療をしなくて良くなった分、私も楽ですし、患者さんも喜ぶといった一挙両得の治療です。

 歯医者さんで「神経を取りましょう」と言われたら、治療する前にこのページをぜひ思い出して下さい。

 

本当は間違いだらけの科学的根拠

 「エビデンス(科学的根拠、臨床的な裏付け)が大切」とうたう歯科医師のほとんどは他人の研究論文を信用しすぎだと思います。本気で研究してきた人であれば、そのほとんどは証明することがとても困難であることに気づくはずです(自分の研究データですら100%完璧に証明できることはまれです。むしろ無いといって言いくらいです)。

 他人のデータをうのみにして患者さんを説得することだけを考えている残念な臨床医と、世界の研究者たちを相手に説得できるデータと理論を積み上げてきた研究者では、説明の説得力が違うと私は考えています。私は後者のなかで鍛えられてきました。そのおかげで他人の書いた論文にも意見を持ちますし、穴も見つけられます。さらにそれを踏まえて、私だったらどういうものができるのか、何がベストなのか?患者さんにも投げかけながらこれまでの治療法を基に、最良の治療方法をそれぞれのプランで考えます。

 患者さんからは「歯医者さんと面と向かってこんなに長くお話したことがないもので ・・・でも納得です。すごくよくわかりました。」と言われます。 これは皮肉なことですが、私がある意味超一流の研究者ではなかったために、その反面、歯科医療や入れ歯のことが全くわからない人の気持ちがわかり、理解ができるからこそ、わかりやすく説明できているのだろうと今では思っています。臨床家になった現在では、それは逆に強みになっているかもしれません。  

 

院長 脇田 一慶

歯に関することの無料相談

治療の流れ

歯を治療したい人の場合

M.Nさん23歳女性のケース

治療の流れ
 
検査、診断、相談、治療計画提示
 
初診
 
治療の流れ
 
歯の治療 <前歯1本>
 
根の治療
(虫歯で歯の神経を取る治療)
 
金属による歯の補強処置
(メタルコア)
 
白い歯の被せ物(メタルボンド)
 




つづきはこちら >>

入れ歯を作りたい人の場合

K.Sさん62歳女性のケース

治療の流れ
 
検査、診断、相談、治療計画提示
 
初診
 
治療の流れ
 
初診
 
治療の流れ
 
<下の入れ歯と奥歯3本の治療>
 
抜歯(奥歯)2本
 
奥歯(小臼歯)1本の治療
 
根の再治療
 
金属による歯の補強処置
(メタルコア)
 
白い歯の被せ物(メタルボンド)
 
下の治療用入れ歯(部分入れ歯)
 




つづきはこちら >>