神経を取らない治療-むし歯治療と歯周病・根管治療なら | プライベート歯科 横濱

プライベート歯科横濱では重度のむし歯や歯周病でお悩みの患者さんへ、生涯ご自身の歯で過ごせるための提案を行っています。

045-663-3724

診療時間月火木金土曜 9:30~18:30
日曜(隔週) 9:30~12:30

お問い合わせ

休診日水曜、日曜(隔週)

045-663-3724

診療時間/月火木金土曜 9:30~18:30 日曜(隔週) 9:30~12:30
休診日/水曜、日曜(隔週)

神経を取らない治療

むし歯が深く、神経にまで到達している場合には、たいてい痛みも強く出てくるため、まず間違いなく「神経を取りましょう」と歯医者さんで言われると思います。しかし実は、【神経を取らない治療】というものがあります。

【神経を取らない治療】は治療期間が短く、費用も抑えられ、歯へのダメージも最小限に抑えられるなど、患者さんにとっては良いことずくめの治療と言えます。

ただ、歯医者さんにとってはこの【神経を取らない治療】はデメリットだらけで、まず保険診療で積極的に行う先生はほとんどいないと思います。その大きな理由の一つに成功率が低いことが挙げられます。

ところがこのたび当医院では、あえてその治療を積極的に推し進めることにしました。それは成功率が飛躍的に上がったからです。

私としては、この治療のポイントは2つだと思っています。「むし歯をきれいに取り除くこと」と「神経が露出した所に確実に蓋をすること」です。これができれば治ります。

聞く人が聞けばそれは当たり前。それができないからみんな困っているのです。と怒られるかもしれません。しかし、どうやらそれができているのではないかと思っています。

【神経を取らない治療】で重要なことは、蓋に何を使えばいいのかということです。ここが今まで誰も答えを出すことができなかったのですが、私の歯の主治医のN先生に教えていただきました。N先生にもっとこの方法を広めたらいいのに・・・と申し上げたのですが、そんな大々的に宣伝してまでやらないようでした。そこで先生の許可を取り、当医院でもこの【神経を取らない治療】を始めることにしました。

【神経を取らない治療】のカギは蓋です。この蓋になる材料を変えたことにより、その治療成績が劇的に向上しました。詳細についてはお問合せください。

歯医者さんで「神経を取りましょう」と言われたら、治療する前にこのページをぜひ思い出して下さい。