むし歯を削って詰める治療-むし歯治療と歯周病・根管治療なら | プライベート歯科 横濱

プライベート歯科横濱では重度のむし歯や歯周病でお悩みの患者さんへ、生涯ご自身の歯で過ごせるための提案を行っています。

045-663-3724

診療時間月火木金土曜 9:30~18:30
日曜(隔週) 9:30~12:30

お問い合わせ

休診日水曜、日曜(隔週)

045-663-3724

診療時間/月火木金土曜 9:30~18:30 日曜(隔週) 9:30~12:30
休診日/水曜、日曜(隔週)

むし歯を削って詰める治療(軽度のむし歯治療)

冷たいものがしみる程度の、比較的浅いむし歯の場合には、陶器やプラスチック、金属を詰める治療となるでしょう。歯は自らの力で、失った部分を再生することができません。そこでむし歯を削った所に、代わりの材料を詰めなければ元のように機能しません。

詰める材料には、陶器、プラスチック、金属などがあります。

陶器は、材料の強度的問題があり、歯を削る量は増えますが、色も良く見た目は最も優れています。

プラスチックは変色や収縮などの変形があるため、詰める場所によっては詰め替え時期は早いかもしれませんが、色も良く、早く、安く、削る量も少なく済みます。

金属は、色は良くありませんが、その代わり、強度、変形、かみ心地の良さなどに大変優れています。

そのほかにも材料がありますが、同じむし歯でも患者さんの希望により、詰める物は変わってきます。それぞれの材料にメリット、デメリットがありますので、よく考えてお選び下さい。

長持ち度に関しては、診断と歯科医師の仕事の丁寧さによって決まりますので、必ずしも素材の違いではないことを知っておいてください。