歯の根に溜まった膿を治す治療-むし歯治療と歯周病・根管治療なら | プライベート歯科 横濱

プライベート歯科横濱では重度のむし歯や歯周病でお悩みの患者さんへ、生涯ご自身の歯で過ごせるための提案を行っています。

045-663-3724

診療時間月火木金土曜 9:30~18:30
(隔週)土~17:00日~12:30

お問い合わせ

休診日水曜、日曜(隔週)

045-663-3724

診療時間/月火木金土曜 9:30~18:30 (隔週)土~17:00日~12:30
休診日/水曜、日曜(隔週)

歯の根に溜まった膿を治す治療

歯の根に溜まった膿を治す治療(重度のむし歯+歯の根の炎症の治療)

3年以上経過して、神経を取った歯の根に、レントゲンで病巣が見られることがあります。原因はいろいろありますが、根でバイ菌が悪さをして膿を持っている場合が多いです。

歯の神経を取る治療」で書きましたが、治療の不手際によるものも少なくありません。あるいはむし歯が慢性化して、歯の神経を伝って根元まで進行していき、そこで病巣を作っている場合もあります。

どちらの経過を辿っても、痛みを伴う場合があれば、痛みがないまま進行している場合もあります。そのため定期検診をしている人ですら痛みがなければ見落とされがちです。この治療はなかなか厄介です。

病巣の大きさによりますが、この治療は歯科医師が相当気合いを入れてかからないと治癒しません。

一見歯の神経を取る治療とよく似ていますが、技術的難しさはその比ではありません。見えない部分に何が起こっているのか想像しなければなりません。顕微鏡を覗いたところで見えるレベルのものではないのです。

確信をもって治すためには、手先の器用さ、変化に気付く五感の注意深さ、分子レベルで現象を判断して説明をつけられることが不可欠だと思います。

痛みがなくなったことが、必ずしも治ったことにならないのがこの治療の難しいところで、怖いところです。

治療が終わって最低1年は経過を追わなければ、本当に治ったかどうか判断できないのがこの治療です。再々治療を繰り返すたびに歯の寿命が削られていきますので再発を繰り返している方は要注意です。

神経を取らない治療はこちら