院長あいさつ-むし歯治療と歯周病・根管治療なら | プライベート歯科 横濱

プライベート歯科横濱では重度のむし歯や歯周病でお悩みの患者さんへ、生涯ご自身の歯で過ごせるための提案を行っています。

045-663-3724

診療時間月火木金土曜 9:30~18:30
(隔週)土~17:00日~12:30

お問い合わせ

休診日水曜、日曜(隔週)

045-663-3724

診療時間/月火木金土曜 9:30~18:30 (隔週)土~17:00日~12:30
休診日/水曜、日曜(隔週)

院長あいさつ

なぜ当医院は自由診療しか取り扱っていないのか、というお話をさせてください

このホームページをご覧になっている方の中には、「保険治療でできることなら安くやってもらえないのですか?」という疑問があると思います。どうして保険で治療してくれないのだろうという不信感もあるでしょう。もっともな意見だと思います。私自身、歯科医師として、保険診療と自由診療併用の歯科医院、自由診療専門の歯科医院、その両方を経験してきました。

プライベート歯科横濱 院長:脇田一慶

その際、保険と自由診療の両方を行っているところは、自由診療の営業を患者さんにしないといけなくなるため、本来の歯科医師の良心に反する説明をせざるを得ないことがたくさんあります。そして儲けるために自由診療でやりましょうという発想は誤った診断、治療を生んでしまいます。

保険診療ではできない「徹底的に治療にこだわること」「相談と説明を十分にすること」「試しにやってみること」「治すための特別な治療」これらができるからからこそ自由診療なのです。そこには手間とオリジナリティの差があります。

しかし、自由診療を勧められる時のほとんどが「保険では駄目」「保険ではこれが限界」「材料が良いから長持ちする」など、私から言うとこれも嘘ばかりの説明です。私なら保険でもほとんどの治療が可能だと思っています。ただ採算がとれないことが問題なだけです。

「採算がとれないから保険診療はやりたくありません」この台詞が言えたらどの歯科医院も楽になるでしょうし、いろいろなことがはっきり説明がつくと思います。しかし保険診療を申請しているところはこの台詞を言うことができません。厚生労働省が認めていないのです。

保険診療を申請している大多数の歯科医院は「ここは採算がとれるから保険で、ここは採算がとれないから自由診療で」ということを言うわけにはいかないのです。

ではどうやって採算をとっているのかはあえて言いませんが、皆さんが想像している通りかもしれません。保険診療でもらう明細の中に意味不明なものやよくわからないものがあるのではないでしょうか?また歯科医師の説明に首を傾げたくなることはないでしょうか?

医療費に関してはどこか釈然としないものを感じている人は多いと思います。3割負担なのでなかなか苦情を言う人は少ないですが、これが10割負担のサービスと考えると本当に納得できる価値なのか考えてみてください。

その点、自由診療専門の医院は料金と診療内容を明確にきちんと説明できます。やらないことは請求しない。ここまでの治療がいくらかかるか、はじめにしっかり計画を立てることができます。

当医院では当初の見積もりの治療費を超えて治療したケースはこれまでありません。そのくらい自由診療の診断は慎重ですし、患者さんも高額な費用を出している以上きちんと治したい人ばかりです。お互いに治療に対する本気度が違うのです。

開院して以来、患者さんとの治療時間を守っております。お待たせしないことも自由診療ならではの良さであると思っています。もちろん良識的な患者の皆さんのおかげであることは言うまでもありません。こういった細部の環境の良さも、私が診療に集中できて常にベストの状態を保てる秘訣でもあります。

長文にお付き合いいただきありがとうございます。保険治療を行う先生が良心的で、自由診療を行っている先生が必ずしも悪どい先生ばかりではないことをご理解いただきたいと思います。当医院は、本気で治療に来られている患者さんに、私も本気で一人一人にお応えするシステムであることを知っておいてください。